HbA1c基準値の「HbA1c」てなに?

健康診断で血糖値とは別によく目にする「HbA1c」。
これ、「ヘモグロビン・エー・ワン・シー」と読みます。

では、その「HbA1c」っていったい何の数値なんでしょうか?

HbA1cってなに?

HbA1cは、検査日以前の「短期間の血糖値」には影響を受けないんです

赤血球は骨髄で作られてから、肝臓と膵臓で処理されるまでの間(約120日間)、血液中で働いています。

赤血球内のタンパク質の一種である「ヘモグロビン」は、主に鉄でできている「ヘム」と、たんぱく質でできている「グロビン」の2つが結合した成分です。

「ヘモグロビン」は肺で酸素と結びついて、末梢神経を介して全身の細胞に酸素を送る働きをします。
このヘモグロビンが血液中のブドウ糖と結合すると、「糖化ヘモグロビン」になります。

血糖値が高い人は、このヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が増えます。
結合した「糖化ヘモグロビン」は、120日間の赤血球の寿命が終わるまで元に戻りません。

  • 血糖値の低い状態が続くと、「糖化ヘモグロビン」の量が少ないために、HbA1cの数値は低くなります。
  • 血糖値の高い状態が続くと、「糖化ヘモグロビン」の量が多くなるので、HbA1cの数値は高くなります。

HbA1cは糖化ヘモグロビンがどのくらいの割合で存在しているかをパーセント(%)で表したものです。

HbA1c(%)=結合したヘモグロビン量 ÷ 全てのヘモグロビン量

HbA1cは過去1~2ヶ月前の血糖値を反映するため、検査前日の食事や運動など短期間の血糖値の影響を受けないんです。

なので、血糖値のコントロールの状態がわかります。

今までの日本のHbA1c測定値は、世界標準値に比べて約0.4%低値に測定されていました。→6.1%

ですが、2012年4月より、日本も世界標準値を使用することになりました。→6.5%

↓以下は、「日本人間ドック学会」「日本医師会」「日本糖尿病学会」からの引用です。

■HbA1c測定値                                       (判定区分 2018年)

項目 A異常なし B軽度異常 C要経過観察・生活改善 D要医療 

・D1要治療

・D2要精検

FPG(血漿)

空腹時血糖 ㎎/dL

FPG:99以下かつHbA1c:5.5以下 1)FPG:100-109かつHbA1c:5.9以下

2)FPG:99以下かつHbA1c:5.6-5.9

1),2)のいずれかのもの

1)FPG:110-125

2)HbA1c:6.0-6.4

3)FPG:126以上かつHbA1c:6.4以下

4)FPG:125以下かつHbA1c:6.5以上

1)~4)のいずれかのもの

FPG:126以上かつHbA1c:6.5以上
HbA1c %

以上【日本人間ドック学会】より

正常型 要注意 糖尿病が否定できない 糖尿病型
HbA1c(JDS)* 5.2%未満 5.2~5.5% 5.6~6.0% 6.1%以上
HbA1c(NGSP)** 5.6%未満 5.6~5.9% 6.0~6.4% 6.5%以上

*JDS(日本の測定値) **NGSP(国際標準値)

以上【日本医師会】より

HbA1cは世界中で測定されていますが、世界の大多数の国に比べ日本の測定値は約0.4%低値に測定されていました。→6.1%

2012年4月より、日本でも国際的に広く使用されている測定値を使用することになりました。→6.5%

■日本糖尿病学会 治療目標の評価基準

2013年5月、日本糖尿病学会は、新しい「治療目標の評価基準」を発表しています。

新しいHbA1cの目標値は、以前の5段階と違い、血糖コントロール目標値を「6.0%」「7.0%」「8.0%」の3段階に変更し、わかりやすく「6」「7」「8」と簡便化しています。

その中でも最も重要な目標値を「糖尿病合併症予防のための目標値7%」としています。

「あなたとあなたの大切な人のために Keep your A1c below 7%」をキャッチフレーズに、新基準の浸透をはかっていくとしています。


以上【日本糖尿病学会】より

まとめ

「HbA1c測定値」は、以前は6.1mg/dLだったのが6.5mg/dLに変わっています。

6.5mg/dLがリミットですね。

目標値としては「正常化目標」が、6.0mg/mL未満ということです。

検査日前にあわてて、節制しても「HbA1c」の数値を見れば、バレてしまうということです。

気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。