イヌリンの驚きの効果|菊芋は天然のインシュリン!?

【イヌリン 効果】

イヌリンは、ダイエットサポート食品に多く利用されているオリゴ糖の一種ですが、栄養学的には水溶性の食物繊維として扱われています。

人間はイヌリンを分解する酵素を持っておらず、消化器でイヌリンを分解することはできません。よって、そのほとんどは体外に排出されます。

そしてその際に、とても重要な働きをしてくれます。

では、イヌリンは、いったいどんな働きをし、どんな効果があるんでしょうか?
まずは、その成分から見ていきましょう。

イヌリンの成分

イヌリンの栄養成分は次のとおりです。(100gあたりの目安)

成 分 含有量
タンパク質 0g
脂 質 0g
糖 質 4.5g
ナトリウム 0g
食物繊維 92g
水 分 3.5g
熱量 約200kcal

イヌリンに含まれるミネラル・ビタミンは次の通りです。

ミネラル ビタミン
カリウム ビタミンB1
カルシウム ビタミンB2
マグネシウム ビタミンB6
リン ナイアシン
葉酸
亜鉛 パントテン酸
ビタミンC
ビタミンE

イヌリンの効能

イヌリンに含まれる栄養成分の効能は次のとおりです。

成 分 効 能
ビタミンB1 ブドウ糖、脂肪酸などの代謝に必要な水溶性ビタミンです。
ビタミンB2 免疫機能を正常化し、神経系の働きを補助する働きがあります。
糖質、たんぱく質、脂質の代謝の際の補助酵素として働きます。
「発育のビタミン」とも言われ、発育促進にも重要な働きをします。
皮膚や髪、爪などの細胞の再生にも関与している。
ビタミンC 骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に欠かすことのできない化合物です。 不足すると、コラーゲンの合成が出来なくなり、血管が弱くなって出血をおこします。
カルシウム 外分泌や内分泌に関与し、出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に関わる重要な働きをしています。カルシウムの慢性不足は糖尿病の原因にもなります。
カリウム 細胞の浸透圧を維持調整し、生命維持活動の上で欠かせない働きをします。 ナトリウムの排出を促進して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をなめらかにする働きもします。 更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を助ける働きもあると言われている。
インスリンの分泌を促し、血糖値を安定させる働きがあります。
リン 細胞膜や遺伝に欠かせない核酸を構成するミネラルです。
骨や歯をつくる成分であり、筋肉や脳、神経などの組織に含まれ、体内エネルギーをつくり出す際に必須の働きをします。
赤血球を作るヘモグロビンの成分であり、呼吸でとり込んだ酸素と結びついて、酸素を肺から体のすべてへ運ぶとても重要な働きをしています。そのほか、タンパク質の代謝やコラーゲンの形成にも関与しています。

イヌリンのダイエット効果

イヌリンは、お腹の善玉菌であるビフィズス菌などを増殖させ、お腹の調子を整えて、お通じを良くする整腸の機能が報告されています。

この整腸機能については、イヌリンがビフィズス菌などの腸内細菌のエサとなり、栄養を蓄えた腸内細菌が短鎖脂肪酸という物質を作り出し、腸の活動を活発にしたり、増殖したビフィズス菌などがお通じを活発にさせることなどが影響しているようです。

なので、便秘予防の効果があると言われています。

イヌリンを摂取することにより、短鎖脂肪酸を創り出すことは食事性肥満の防止に有効であると考えられており、実際に人を対象にした臨床試験では、イヌリンの摂取が血中中性脂肪を低下させた例が報告されています。

イヌリンと菊芋

イヌリンは、食品では菊芋に最も多く含まれています。
菊芋は名前にイモと付きますが、キク科の多年草であり、その根がショウガの形に似たイモ状なので菊芋と呼ばれています。

菊芋には、ジャガイモやサツマイモのようにデンプン(糖質)は含まれていません。

菊芋は、他の芋と違ってデンプン質ではなく、イヌリンを多く含むことが大きな特徴です。
イヌリンは、菊芋の他にも、玉ねぎ、にんにく、チコリ、ごぼう、ニラなどにも含まれますが、その中でも菊芋の含有量が最も多く、その成分の60%がイヌリンです。

つまり菊芋は、イヌリンを摂取するためには願ってもない食物ということです。
菊芋は、天然の食品なので副作用も報告されていません。

イヌリンと血糖値

イヌリンを含む食材では、イヌリンはほとんど吸収されずにそのまま体外に排出されます。
その際イヌリンは、腸で水分を吸収するとゼリー状になり、体内の余分な糖分や塩分、有害物質を巻き取って体外に排出してくれるのです。

なので、菊芋を食事と一緒に摂ると食後の血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。
食後高血糖の方や2型糖尿病の方におすすめしたいです。

そのため菊芋は、「天然のインシュリン」とも呼ばれています。

関連記事
「菊芋の粉」天然のインスリンと言われるイヌリン配合!
BEST3はこれだ!!血糖値を下げるお茶ランキング

気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

フォローする

コメントの入力は終了しました。