血糖値測定器おすすめはコレだ!!

【血糖値測定器おすすめ】

「最近血糖値が気になってて、血糖値測定器が欲しいんだけど、通販で買えるのかな?」
「値段はどのくらいするんだろ?」

お答えします!血糖値測定器は、通販で買えます。
いろいろなメーカーの血糖値測定器があるので、おすすめをご紹介しましょう。

血糖値測定に必要なキット

まず、血糖値測定に必要なキットは次のとおりです。

  • 血糖値測定器本体(血糖値を測る器具)
  • 穿刺器(針を刺す器具)
  • ランセット針(穿刺器にセットする針)
  • センサーチップ(測定器本体にセットする試験紙)

血糖値を測定するにはこれらすべてが必要です。
手元にあれば、頻繁に血糖値がチェック出来るので、自己の食生活も見直せます。

血糖値測定器の使い方

使い方は次の通りです。

  1. 血糖値測定器本体の電源をONにします
  2. 血糖値測定器本体にセンサーチップをセットします
  3. 穿刺器に針をセットします。
  4. 指先などに針を刺して(一瞬です)血を出します(微量)
  5. 出した血をセンサーチップの先に当てます
  6. 血糖値測定器本体ディスプレイに血糖値が表示されます

血の量が少ないとエラー表示が出ます。その場合センサーは2度使えないので廃棄です。
あと、使用済みの針をそのままゴミ箱に捨て、家庭用の一般ゴミとして出してはいけません。

使用済みの注射針が一般ゴミと一緒に捨てられると、ゴミ回収作業員の針刺し事故をまねきます。エイズなどによって血液を介して感染する病気を予防することが重要とされています。

針を調剤薬局で買った場合には、その薬局に持ち込んで回収してもらいましょう。
(注:「使用済み注射針回収薬局」の看板のある薬局)

使用済みの針は、薬局の専用ボトルに入れ、まとめて処分します。
ペットボトルを回収容器として使うのは安全性が保証されないため当面は使用しないでください。専用ボトルがなければ、空き缶などの硬い容器に入れて持ち込みましょう。できれば中身が見える容器がのぞましいのですが。

↓血統測定に使用したランセット(針)の回収専用ボトルです。
メディセーフ 回収ボトル

回収された使用済みの注射針は、薬剤師会管理センターに一旦集積されて、その後処分業者が焼却処分します。
穿刺器を捨てる場合は、「もやすごみ」の収集日に、指定ごみ袋に入れて回収してもらいましょう。

最悪、針をどこにも引き取ってもらえない場合は、針がむき出しにならないようなタイプ(最近はほとんどそう)ならば、中身が見えて蓋がある固い容器に入れて、燃えるゴミの日に出す方法をとらざるをえないでしょうね。
この場合は、地域による取り決めもあるので念のため役所に確認しておきましょう。

血糖値測定器 センサーチップ

血糖値を正しく管理するには、1日に何回か測定する事が重要です。
消耗品であるセンサーチップ(試験紙)はトータルコストはかかってしまいます。

センサーチップ(試験紙)は、ネットでは高い物で190円/枚から、安い物では39円/枚までいろいろあります。(注:通販では、いずれも海外製のセンサーチップです)

あまり安いものは、形状に不揃いがあったり、測定器本体との互換性がなかったりする場合があります。

日本ではセンサーチップ(試験紙)のネットでの直接販売が禁止されています。
日本製のセンサーを購入するには調剤薬局に行くしかありません。

日本では法律上センサーチップは通販できないため、通常は血糖値測定キットにセンサーチップはついていません。なので、血糖値測定キットだけでは血糖値を測定できません。

しかし、amazonの通販では海外製のセンサーチップが販売されています。
(注:測定器とセンサーチップに互換性があるかどうか確認が必要です。合わないと涙)
日本製ならちょっと高いですが薬局で160円/枚くらいで売ってます。

針は薬局で買うより通販の方が安いと思います。
↓amazonなら、30本入 ×10箱セット¥ 4,775 (参考価格)です。
テルモ メディセーフ針(ファインタッチ専用) 30本入 ×10箱セット

また、製品によっては、測定値が実際の数値(病院での採血計測)と前後する場合があるようです。

医療器具なので仕方がないんですが、針も結構高いですね。

付属品も安いと、気軽に使えるんですが…。

血糖値測定器の価格は!?

血糖値測定キットの価格は、だいたい5,000円台から10,000円台前半といったところです。オムロンなどは、15,000円位しますね。
海外製の安い製品から日本の有名なメーカーものまでネットではいろいろ販売されています。

製品によっては、bluetoothでスマホのアプリと連携機能があり、アプリを起動させた状態で血糖値を測定した後にセンサーチップを捨てると自動的にスマホのアプリにデータが書き込まれる便利な製品もあります。
貯めたデータも閲覧しやすく表示してくれるので便利なようですね。

日本の有名メーカーの製品が人気が高いようですね。

安いに越したことはありませんが、やっぱり日本製が安心なのかなとも感じます。

血糖値測定器 amazon おすすめ

血糖値測定器のamazonでのおすすめのメーカーと機種をご紹介します。

テルモ

血糖値測定器テルモのおすすめ

メディセーフフィットスマイル 穿刺具セット
(ファインタッチⅡ+メディセーフ針)

商品の説明

  • スムーズに血糖値を測定できるよう、キャップ開閉による電源オンオフ
  • 音声と画面の両方で操作方法を案内する機能
  • 血糖値レベル(低~高)を5段階の異なる背景色で表示でき、視覚的にわかりやすい仕様
  • 過去1週間の測定結果を血糖値レベル別に5段階のグラフで表示
  • 立体形状で使いやすい測定用チップ
  • 電子カルテへのデータ転送機能  など
  • 単4形アルカリ乾電池 2本

セット内容

  • メディセーフ本体
  • ケース
  • メディセーフ ファインタッチ(穿刺具)
  • メディセーフ針30本(穿刺針)

↓amazon通販での詳細ページです。
メディセーフフィットスマイル 穿刺具セット

メディセーフフィットチップ30個(測定用センサーチップ)は、付属していません。
お近くの処方せん受付薬局で購入してください。

ご参考までに、30個入り希望小売価格: ¥3,888(本体価格¥3,600)ですね。

互換性のあるセンサーチップはamazonでも販売されています。
↓立体形状で使いやすい測定用チップです。
フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre
※通販ではこのセンサーチップ、おおむね評判はいいようですが、「製品ロットで測定値に個体差がある」との書き込みが1件ありました。

 ニプロ

ニプロ血糖値測定器のおすすめ1

ニプロフリースタイルフリーダムライトセットL+ランセット30G25本

セット内容

  • ニプロフリースタイルフリーダムライト(血糖測定器+リチウム電池一個+携帯ケース)
  • ニプロライトショットL(穿刺具)
  • ニプロランセット30G25本(穿刺針)

商品の説明

  1. 電極の新しい形状『ZipWik(ジップウィック)』構造によりすばやい血液吸引が可能
  2. 専用電極の使用により世界最少の0.3μL の血液量(2011年2月現在 当社調べ)で、測定時間約4 秒にて測定可能
  3. FAD‐GDH 酵素採用により、マルトースやガラクトースの影響なし、PAM(プラリドキシムヨウ化メチル;有機リン剤中毒に使用する解毒剤などに使用)の影響無し
  4. 測定器本体がコンパクトサイズで持ち運び便利
  5. 毛細管全血、静脈血で測定可能
  6. 採血部位は 指先、前腕、上腕、手、もも、ふくらはぎ
  7. ヘマトクリット値の範囲 15~65%
  8. 60 秒以内の再点着可能
    測定に必要な血糖測定用センサーチップは付属していません。
    ※医療機器のため発送後の返品交換不可。
    ※血糖測定用センサーは、体外診断用医薬品のため郵送販売が禁じられております。
    製品の性質上、測定値によっては生命の危険性に及ぶものですのですから、お近くの調剤薬局内にてご購入ください。
    ※キシロース吸収試験を実施中の方は使用しないでください。

↓amazon通販での詳細ページです。
ニプロフリースタイルフリーダムライトセットL+ランセット30G25本

ニプロ血糖値測定器のおすすめ2


血糖測定器 ニプロ ケアファストLink
Bluetoot通信機能付(グルコース測定器)

セット内容

  • ニプロケアファストLink(本体1台)
    ※専用アダプター・専用マイクロUSBケーブル同梱

血糖値測定器本体のみのため、穿刺器やセンサーチップは別途購入してください。

商品の説明

  • Bluetooth(ブルートゥース)無線通信を搭載し無線データ管理が可能
    専用アプリ【ニプロげんきノート】をダウンロードし、Bluetooth接続により測定した血糖データを自動受信し記録管理できます。(※機種によりご使用いただけない場合もございます。詳しくはニプロお客様相談窓口までお問い合わせください。)
    1日ごとに測定の結果を閲覧できます。
  • 手に持ちやすい大きさ
    従来のニプロケアファストRに比べて、本体サイズは2倍となりました。
  • 表示画面がカラーで見やすい測定値、文字
    2.8インチフルカラー画面で大きな画面で見やすい文字サイズと日本語表示です。
  • 測定には別途センサー・ランセットが必要
    センサーは通信販売で禁止されています。調剤薬局にてお求めください。
    センサーの主成分にGDH(グルコースデヒドロゲナーゼ)を採用。

↓amazon通販での詳細ページです。
血糖測定器 ニプロ ケアファストLink Bluetoot通信機能付(グルコース測定器)

 リブレ

血糖値測定器リブレのおすすめ

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

商品の説明

  • 読み取り装置(Reader)のみです。
  • わかりやすいグラフ表示 90日間のグルコース値データを保存できます
  • 専用電極を用いて血糖値および血中ケトン体値の測定ができます
  • 自己血糖測定間の血糖値トレンドを推定するためのものです
  • 専用電極(センサーチップ)を用いて血糖値および血中ケトン体値の測定ができます
  • 別売「フリースタイルリブレセンサー」が必要です
  • 詳細については、添付文書をご覧ください

↓amazon通販での詳細ページです。
リブレ読み取り装置本体
フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

リブレでは、穿刺器とランセット針は販売されていません。

テルモ穿刺器
メディセーフファインタッチⅡ(穿刺器)
テルモメディセーフ針
テルモ メディセーフ針 ファインタッチ・ファインタッチⅡ専用 30本

リブレのセンサーチップは別売です。

↓amazon通販での詳細ページです。
リブレセンサーチップ
フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

 オムロン

オムロン血糖値測定器のおすすめ

オムロン HEA-216 血糖自己測定器 プレシジョン エクシード

商品の説明

  • 校正不要になりより血糖の測定が簡単
  • 測定に必要な血液量はわずか0.6μl
  • 測定時間は、わずか5秒
  • ケース付

血糖値測定器本体のみのため、穿刺器やセンサーチップは別途購入してください。

↓amazon通販での詳細ページです。
オムロン HEA-216 血糖自己測定器 プレシジョン エクシード

本体だけなのに高い!?

確かに本体だけなのに高いと感じるかもしれませんね。
商品レヴューを見ると単体であるがゆえの不満が並んでいますが、医療機器の業界での信頼性(ブランド)を買うということでしょうか。

ketto(ケットー)

ネットで話題になっているのが、針を使わない血糖値測定器 ketto(ケットー)です。

  • 非侵襲の血糖レベル測定で、国際的に学会で注目されているMHC(Metabolic Heat Confirmation)方式を採用
  • 血中のブドウ糖が酸化するときに発する熱と酸素供給の関係に着目、各種センサーから検出された温度や血中酸素飽和度などを用いて血糖レベルを算出することで針を使わない血糖レベルの測定を可能にしました。※現時点、日本では正式な血糖値測定方式としてはまだ認められていません。

血糖値測定器kettoの仕様

  • 針を使わないので痛みがない
    通常の血糖モニターで必要な穿刺針を使った血液採取を行わずにモニターができるので痛みがまったくありません。負担がないので、1日何度でも測定ができます。
  • 消耗部品の継続購入は必要ありません
    穿刺針などの消耗部品がないので余計なゴミが発生しないので環境に優しい製品です。また、追加費用も発生しません。
  • 測定にかかる時間はたった60秒!!

↓血糖値測定器kettoについてはこちらのサイトで確認できます。(ご参考までに)
KETTO | 株式会社E3 | E3 Enterprise

現在、血糖値測定器kettoの価格は不明です。
血糖値測定器kettoが購入できるのかも不明ですね。
魅力的な仕様ですが、なにせ開発中の製品とのことで詳しいことがまだわかりません。

総評

血糖値測定器にもいろいろありますね。たしかに輸入品は価格だけでいうと魅力的です。

でも、医療器具だからある程度価格が高く感じるのはしかたないんでしょうね。
大事なことは使いやすさと信頼性です。

リブレは日本製じゃないけど、価格的に人気があるみたいです。

センサーチップなんかは、日本製は薬局で買えますが、輸入品は薬局では買えなかったり、ネットでも手に入らなくなることもありますね。

消耗品のリピートのしやすさも大事な事です。

まとめ

血糖値測定器まとめ

  • 血糖値測定器はネットで買えます
  • センサーチップの日本製は調剤薬局でしか購入できません
  • センサーチップの海外製ならamazonで購入できます(互換性に注意)
  • 針とセンサーチップは消耗品なのでトータルコストはかかる
  • 大事なことは使いやすさと信頼性、消耗品のリピートのしやすさ
気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。