血糖値スパイクという隠れ高血糖の正体とは!?

【血糖値 スパイク】

健康人の正常な血糖値は空腹時で70~110mg/dlくらいです。
140mg/dlを超えると「高血糖」と診断されます。

日本で糖尿病の人は300万人以上といわれています。
「糖尿病予備群」といわれる人を含めると2,000万人超ともいわれています。

糖尿病と診断されていない方でも(健康診断などで空腹時の血糖値が正常値であっても)、
食後の血糖値だけが高くなる「血糖値スパイク」という症状があります。

「血糖値スパイク」とは食後の血糖値だけ高くなる症状

「血糖値スパイク」とは、食後の血糖値が140mg/dl以上に急上昇し、2時間程で正常値に戻る現象で、食事をする度に(継続的に)、血糖値が急上昇、急降下を繰り返しているケースは危険です。

これをそのままにしていると、糖尿病だけではなく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなったり、細胞のがん化や脳へのダメージにより認知症を発症しやすくなることがわかってきました。

血糖値スパイクは健康診断では発見できないことが多い

健康診断では通常、空腹時の血糖値を計測するため、血糖値スパイクであることを発見できない場合が多いです。

血糖値スパイクは、食後2時間程の短い時間内に血糖値が急上昇・急降下します。
その波形が、ちょうど釘(スパイク)のような波形になるので「血糖値スパイク」といいます。

ある研究では、日本人の1,400万人がこの症状である可能性が報告されています。
そのままにしておくと、近い将来に糖尿病を発症するリスクが極めて高いといわれています。

やせ型体型の20代の女性を対象として、「血糖値スパイク」の調査をしたところ、
調査対象の約3割の女性が血糖値スパイクだったそうです。
つまり、年齢や性別、体型には関係なく「血糖値スパイク」が起こっているということです。

この症状が続けば、血管に負担を掛け続けることになります。
脳や心臓の血管に強いダメージを与え続けることになります。

この「血糖値スパイク」が脳梗塞、心筋梗塞、認知症、がん、などの病気になる可能性が高いことがわかってきました。

医療の現場では、脳梗塞や心筋梗塞で救急搬送される人には、血糖値スパイクが起こっている場合が多いことがわかっています。

急激な血糖値の変動が継続すると、大量に活性酸素が発生して、血管内壁に傷をつけていきます。

この血管内の傷を修復するために免疫細胞が集まってきます。
その結果、血管内が狭くなって、動脈硬化が起こってしまうという流れです。

なので、継続的に血糖値の上昇・下降が繰り返されている人は、体内のいろいろな血管で動脈硬化が進行して、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクを高めています。

血糖値スパイクと低血糖

血糖値スパイクにより血糖値が急上昇した後に急降下すると、下がり過ぎて低血糖の症状がでる場合があります。

通常では血糖値が70ml/dlを下まわると強い眠気や体のだるさ、イライラや頭痛、吐き気といった症状が起きるようになります。

さらに50ml/dlを下まわると、ふるえや動悸、めまいや血圧の上昇、脈や呼吸が早くなるといった症状も起きるようになります。

そして30ml/dlを下まわると、意識がもうろうとしたりケイレンを起こしたりします。
最悪の場合は、意識が遠くなり目がくらんで倒れてしまう場合もあります。

一番怖いことは、血糖値スパイクが継続的に繰り返された場合、すい臓が正常に機能しなくなり、血糖値を必要以上に下げてしまうようになることです。

これを『反応性低血糖症』と言います。

代表的な自覚症状には、

  • やたら眠くなる
  • 疲れやすい
  • やる気が起きない
  • 集中力が続かない
  • 不安
  • 動悸

といったものがあります。

血糖値スパイクになる原因とは?

「運動不足や肥満が引き金となり、筋肉の質が低下したり、
内臓に脂肪がたまり膵臓の働きが低下して(インスリン分泌能力の低下)、うまく血糖値のバランスがとれなくなっていることが原因の一つだといわれています。

実は、日本人の特徴として「インスリン分泌の低下」は認められています。
日本人は元来、その民族的な体質として、欧米人と比べてインスリン分泌能力が弱いことがわかっています。

血糖値スパイクに自覚症状はあるのか?

血糖値スパイクは、食後2時間ほど経つと血糖値が正常に戻るために、一般的な健康診断では発見することが難しく、自覚症状も目立ったものはないといわれています。

そのため、血糖値スパイクが自分に起きていることに気づかず、知らぬ間に動脈硬化が進行して、ある日突然に、心筋梗塞を発症するということになります。

急激な血糖値の変動が起こると、我慢できないほどの眠気や頭痛を感じることがあるとの報告もあります。

血糖値スパイクになりやすい方の特徴

血糖値スパイクは、太っている人じゃなくても、高血圧や高血糖、脂質異常と診断されている人に起こりやすいといいます。

また、糖尿病の人が家族内にいる場合は、要注意です。
血糖値スパイクは、「糖尿病予備軍」といわれています。

この「糖尿病予備軍」の人が、治療や生活習慣の改善に取り組まない場合には、おそらく3年以内にその3割の人が糖尿病を発症する可能性が高いとされています。
自分で食後の血糖値を測定していけば、この症状を早期発見できます。

血糖値スパイクの検査は自分でもできる!?

一般的な健康診断で、糖尿病判定する項目は「空腹時血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンA1c)」です。

空腹時の血糖値が126 mg/dl以上、HbA1cが6.1%以上で、糖尿病の疑いがあるとされます。
HbA1cが5.8%程度なら、血糖値スパイクが起きている可能性は高いと言われています。

人間ドックなどの項目にある、糖尿病を確定する「ブドウ糖負荷試験」では、血糖値スパイクの発生も確認できます。

また、血糖値は170mg/dlを超えると尿糖が出るため、尿糖試験紙やデジタル尿糖計での尿糖測定も可能です。自分で測定できる簡易検査キットも市販されています。

さらに今は、「フリースタイルリブレ・プロ・システム(freestylelibre_pro_sistem)」という最新式の血糖値測定器が登場しています。

糖尿病の人は、針を指先に刺し、1日に複数回採血して血糖値測定をするために、指先が硬くなったり、痛みや手間を嫌う人も少なくありません。

この血糖値測定器は、針(極細)がついた小さなセンサーを上腕に装着するだけなので、痛みもなく、そのまま入浴することもできます。
14日間の血糖値が測定でき、15分毎の血糖値変動が目で確認できるため、血糖値スパイクも確認できます。

血糖値スパイクを予防するためには?

血糖値スパイクを防ぐ方法は、糖質がゆるやかに体に吸収されるようにすることです。
そのためには、次のような点に気をつけて生活習慣を改善するための対策をとることが重要です。

血糖値スパイクを抑える食事の仕方

まず、別記事でもご紹介した「食品GI値」の高い食材を摂り過ぎないようにしましょう。
血糖値スパイクを防ぐためには、「食品GI値」の低い食材を摂るように心がけることです。

食物繊維には血糖値の吸収をゆるやかにし、血糖値の急変動を抑える効果があるとされています。そして、食事には時間をかけましょう。

ご飯は、「食品GI値」が高く、血糖上昇値が高いので、量を減らしたり玄米に変えるのも効果的です。

血糖値スパイクを予防するための対策として、3つの方法があります。

  1. 食べる順番を変える
  2. 朝食は必ず摂る
  3. 食後に軽い運動をする

1.食べる順番は、

  1. 野菜
  2. 肉・魚
  3. ご飯・パン

の順番です。

野菜の食物繊維が腸壁をコーティングし、糖の吸収をゆるやかにします。

2.朝食を摂らない人多いですが、3食きっちり摂らないと、血糖値の上昇値が大きくなることが実験によってわかっています。

3.食後にゆったりと体を休めていると、なかなか血糖値が下がりません。
食後15分程、散歩をしただけでも、血糖値がすみやかに下がることがわかっています。

以上、この3つの方法を実践できれば、血糖値スパイクの改善が期待できます。

食後の運動が効果的

食後の運動は重要です。大事なことは、「無理なく続けられる運動」を選ぶことです。

運動は、気が向いた時だけじゃなく、続けることにこそ意味がありますが、食後に行うことが最も効果的とされ、一番おすすめなのが手軽にできる散歩です。

有酸素運動である軽いウォーキングなどや、スクワットなどの筋トレが有効です。

関連記事

血糖値を下げる食後の運動とは!?【血糖値の急上昇回避】

血糖値スパイク危険度チェック

健康人でも食事をすれば血糖値は上昇しますが、通常100~130 mg/dlくらいの範囲です。
食後1時間くらいすると血糖値の上昇ピークになるので、そのタイミングで血糖値測定すると、自分が「血糖値スパイク」なのかどうかを知ることができます。

家庭用の血糖値測定器は、5千円~1万円くらいで販売されています。

今や年齢や性別、体型に関係なく「血糖値スパイク」は起こっています。
健康診断で血糖値が正常だったという人も、この「血糖値スパイク」を確認してみる価値はあります。

血糖値スパイクは早期発見、早期対策がなにより重要です。

お茶の効果
食事の節制と運動は血糖値対策として重要ですが、健康茶を食事の際に飲むと血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。
食事療法や運動療法と併せてお茶の力で高血糖を改善していきましょう。


気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

フォローする

コメントの入力は終了しました。