血糖値下げるお茶 ノンカフェインかどうか?

血糖値を下げる健康茶を飲んで行く場合、ノンカフェインかどうか気にされる方多いようですね。妊婦の方などは特に気にされてますね。

カフェインはそんなに悪いものなのか?

カフェインに関して、こんな報告がされています。
アメリカのハーバード公衆衛生大学院の研究データによると「コーヒーに含まれるカフェイン、ポリフェノール、マグネシウムなどの成分には、糖尿病発症を抑える効果がある可能性がある」と指摘されています。

この場合はコーヒーのカフェインのことですが、一概にカフェイン自体が悪いものということでもないようですね。
ただし、飲みすぎは良くないとのことです。

当サイトでご紹介している「しあわせ減糖茶」「菊芋の粉」「糖煎坊」について、
カフェインかノンカフェインについては以下の通りです。

「しあわせ減糖茶」
アグリのしあわせ減糖茶の口コミ
原料の一部にほうじ茶を使用。
焙煎によりカフェインは昇華されて、ほとんど抽出されない。
気になる方は多量に飲むのはやめましょう。
「菊芋」
菊芋の粉の口コミ
ノンカフェイン
気になる方は多量に飲むのはやめましょう。
「糖煎坊」
糖煎坊の口コミ
カフェインほぼ0
気になる場合は多量に飲むのはやめましょう。

上記の健康茶以外でも、よく言われていることは、多量に飲むのはやめましょう、ということです。たくさん飲めば良くなるというものではありません。摂取量を守りましょう。

ちなみに、緑茶の場合お茶に含まれるカフェイン(苦味成分)は、お湯の温度が60℃以上の高い温度だとよく溶け出しやすいとのことです。その反対に、お茶を水出しすると、カフェインが抑えられ、苦味も抑えることができるようです。

BEST3の健康茶はおすすめ出来できます。あまり神経質になりすぎるのも良くないですが、どうしてもカフェインが気になる方は一度医師にお話を聞いてみられてはどうでしょうか。

まとめ

妊婦の方は、血糖値下げるお茶がノンカフェインかどうか気にされる方が多いですね。
コーヒーに含まれるカフェインの成分には、糖尿病発症を抑える効果がある可能性があると報告されています。

・「しあわせ減糖茶」は、焙煎によりカフェインは昇華されて、ほとんど抽出されない
・「菊芋の粉」は、ノンカフェイン
・「糖煎坊」は、カフェインほぼ0

多量に飲むのはやめましょう。
あと、緑茶は水出しすると、カフェインが抑えられ、苦味も抑えることができます。

気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

スポンサーリンク

フォローする