「血糖値下げるお茶ランキング」のお茶の効果が知りたい!

 「アグリのしあわせ減糖茶」の効果

「アグリのしあわせ減糖茶」の成分とその期待できる効果とは?

1.ゴーヤ

ゴーヤ」に含まれる成分とその期待できる効果

  • ビタミンC
    白血球は、体の中で風邪の原因となる細菌を退治します。
    ビタミンCは、白血球の働きをさらに活発にする働きをするため、風邪の改善には効果的であると言われています。
  • 葉酸(ようさん)
    「葉酸」は、赤血球が生成される時の手助けをしています。
    なので、「葉酸」を体に取り込めば赤血球がスムーズに作りだされて、貧血予防に効果的です。
  • カリウム
    カリウムは、体の中に残った余計な塩分や水分を体の外に出す手助けをしてくれます。
    塩分の摂り過ぎは体のむくみの原因となりますから注意しましょう。
  • 不溶性食物繊維
    排便は、腸内のぜん動運動によって行われますが、不溶性食物繊維はこの腸内のぜん動運動を促す作用が確認されています。
    また、食物繊維は腸内環境のバランンスをとる働きをし、腸内の善玉菌の食料となって善玉菌を活性化する効果も期待できます。
    便秘でお悩みの女性の方多いですよね、食物繊維は見逃せない成分ですね。
  • モモルデシン
    「モモルデシン」は、ゴーヤの苦み成分ですが、胃を刺激して胃液の働きを良くする効果があります。
    ちゃんと胃液が働いて消化が良くなれば、食欲が増進し活力が出ます。
    食欲がない時には、助かりますよね。

2.桑の葉

「桑の葉」に含まれる成分とその期待できる効果

  1. 便秘改善効果
    桑の葉には、整腸作用を促進し、便秘を改善する働きがあります。
    桑の葉の有用成分
    ・ビタミン・カリウム
    ・マグネシウム
    ・鉄
    ・ミネラル
    ・食物繊維
    ・フラボノイド
    など
  2. ダイエット効果
    桑の葉の有用成分は、脂肪が体に溜まらないようにして、肥満を防ぐ手助けをしてくれます。また、その中のカリウムは、体の中の水分調整をしてくれ利尿作用を促します。
    顔や足のむくみを抑える作用があります。
  3. 二日酔い予防効果
    ポリフェノールの一種であるフラボノイドは、肝機能を高める効果が期待出来ます。カリウムなどの成分が体調を良くしてくれるので、二日酔いや胃のもたれなどによるむかつきなどの予防になります。
  4. メタボ予防
    桑の葉には、植物ステロールや、食物繊維が含まれており、これらは、脂質の吸収抑制の効果が期待できる成分です。
  5. 糖尿病予防効果
    桑の葉の有用成分には、小腸で糖質の吸収を抑制する作用があります。
    糖質の吸収がゆるやかになり、食後の急激な血糖値の上昇を抑制することにより糖尿病の予防になると言われています。

3.バナバ

「バナバ」に含まれる成分とその期待できる効果

■血糖値を下げる効果からダイエットまで注目される成分

バナバは、ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木です。
古くから、その葉を煮出して健康茶として利用され、生活習慣病予防に広く利用されています。

「グリコース・グリコキニン配糖体」というバナバの主成分が、血糖値を抑制する働きをします。

血糖値の上昇を抑制する作用からダイエット効果に至るまで、その豊富なミネラル成分によって神経痛改善や胃腸病予防、さらには便秘の改善、肌荒れ対策まで人気のある薬草です。

■主な有用成分

  • コロソール酸
  • グリコキニン配糖体
  • タンニン
  • 各種アミノ酸
  • 食物繊維カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム

■期待できる効果

  • 糖尿病の予防と改善
  • 肥満の予防
  • 高血圧の予防
  • 便秘解消
  • 利尿作用
  • ダイエット効果
  • 神経痛改善
  • 胃腸病予防

4.サラシア

「サラシア」に含まれる成分とその期待できる効果

サラシアが糖の吸収を抑える!?

サラシアは、東南アジアやインド、スリランカやブラジルなどの熱帯地域に広く自生するツル性の多年生木本です。古くは中国の薬物書にも、その健康維持の効果が記されています。

さらに、タイやインドネシアや東南アジアのサラシアが広く分布する地域でも、その豊富な効能により「奇跡の植物」として伝えられ、現地の人に広く愛されてきました。

サラシアには、「サラシノール」や「コタラノール」などの有用成分があります。
サラシアのこの有用成分は、腸内で糖類が分解・吸収されるのを抑制する働きがあります。

サラシアが腸内の環境を整える!?

サラシアには、腸内環境を改善する効果があることが分かってきました。
人間の大腸内には、善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)と、悪玉菌(ウェルシュ菌など)が生息し、絶えず勢力争いを行っています。

健康な人の腸の中では、100兆個もの細菌がバランスを保ち共存しています。
この共存する状態は、「腸内フローラ」と呼ばれています。

健康人の腸内は、善玉菌の優勢状態で保たれていますが、このバランスが崩れると悪玉菌が優勢になり、様々な病気とアレルギーなどの原因にもなると言われています。

女性に多い便秘などは、腸内環境が悪化している赤信号ということです。
さらに、便秘によって悪玉菌がいっそう増えてしまうという悪循環になります。

善玉菌が増えると、善玉菌が作り出す乳酸の刺激によって腸のぜん動運動が盛んになり、便通の改善が期待できます。それによる美肌効果も。

また、ガンや血圧の上昇、皮膚病などのトラブルの原因は、悪玉菌がつくりだす腐敗物質が関係しているとも言われています。

腸内環境が整うことは免疫力にも影響し、花粉症などのアレルギー抑制や、感染症予防にもつながります。

サラシアは、生活習慣病と関係の深い脂質異常症、内臓脂肪の解消にも効果があると考えられています。

また、サラシアを含むサプリを摂ることによって、腸内の環境を整えて悪玉菌が減少し、肝臓への負担が減ることが分かっています。
腸内の環境のバランスが崩れると肝臓にも大きな負担をかけてしまいます。

また、サラシアには貧血予防の効果も期待できます。

5.アイスプラント

「アイスプラント」に含まれる成分とその期待できる効果

アイスプラントはハマミズナ科の植物です。
葉の表面が凍ったように見えることが名前の由来です。

アイスプラントは、生でもふんわりと塩味の残る不思議な野菜です。
透明な粒々がビッシリと付いた見た感じも、アイスプラントの大きな特徴です。

アイスプラントの成分と期待できる効果

アイスプラントの成分と期待できる効果をご紹介していきます。

動脈硬化の危険回避

アイスプラントに多く含まれる「ミオイノシトール」という成分は、ビタミンB群の一種で血液中のコレステロールの軽減に大きく作用し脂肪肝や動脈硬化などの危険を回避する働きをします。
さらには、内臓脂肪予防や、パニック障害にも効果が期待されています。

ナトリウムと水分の抑制

アイスプラントに多く含まれるカリウムは、体内のナトリウムの量を調節する働きをして、血圧の上昇を抑制する効能があります。

また、余分な水分を排出する働きもあるため、むくみを改善する効果も期待できます。

筋肉を正常に収縮させる効能

アイスプラントに含まれるマグネシウムは、体内のエネルギー代謝にも関与します。
また、正常な筋肉の収縮にも関与してきます。

カルシウムと共に骨や歯の成分としても使われています。

アンチエイジングや視力の維持

アイスプラントに含まれるβ-カロテンは、含有量がレタスの3倍にもなります。

β-カロテンに期待できる効果

  • 細胞の老化防止
  • アンチエイジング
  • ガン細胞の抑制
  • 目や皮膚、粘膜などの健康の維持
疲労回復や栄養の吸収力アップ

アイスプラントに多く含まれるクエン酸に期待できる効果

  • 疲労回復
  • 他の栄養の吸収率をアップさせる
  • 抗酸化作用
  • 血行促進作用

6.ドクダミ

「ドクダミ」に含まれる成分とその期待できる効果

ドクダミに期待できる効果

  • 高血圧を改善
  • 脳卒中や心臓病の予防
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 便秘の改善
  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病の改善
  • ニキビやガンの予防
  • 老化の予防

●高血圧の改善
ドクダミを飲んでいると高血圧が治ったという経験談を聞くことがありますが、これはドクダミの利尿作用と関係があると考えられます。

ドクダミに含まれるフラボノイドによる利尿作用や毛細血管の強化が、高血圧の改善につながっていると考えられます。

また、利尿作用によって、新陳代謝が促されて血圧の上昇を抑制する効果も期待できます。

●脳卒中や心臓病の予防
ドクダミに含まれるクエルシトリン、イソクエルシトリンには、利尿作用があり代謝活動のバランスを保つ働きが確認されています。

代謝活動のバランスを保つドクダミは、血液、リンパ液などを含めた水分の代謝に問題が起きることが原因している心筋梗塞や狭心症などの心臓病に対して優位に機能すると言えます。

ドクダミに含まれるクエルシトリンとイソクエルシトリンは、血圧降下作用、毛細血管強化作用、新陳代謝作用を助ける働きをすることが確認されているため、脳の動脈の血行障害で起こる病気であるクモ膜下出血や脳出血、脳軟化などには効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎の改善
ドクダミに含まれる成分である「デカノイルアセトアルデヒド」は、独特な香りをもつ成分で、皮膚の炎症に大変有効です。

「デカノイルアセトアルデヒド」は、抗菌作用や解毒作用、水虫、タムシ、インキン、アトピー性皮膚炎にも有効である事がわかってきました。

便秘の改善
ドクダミの「クエルシトリン」と「イソクエルシトリン」が便を柔らかくしてくれ、緩やかな下剤の役割をしてくれるため便秘には有効と言えます。

「クエルシトリン」は、整腸作用として働くだけではなく、抗菌作用もあるので有害物質に対しても有効に働きます。

ドクダミは、古くから使われてきた「経験薬」であり、薬害のない民間薬と言えます。
実際、ドクダミの青汁を飲めば、小便や大便が良く出てくれます。

動脈硬化の予防
「クエルシトリン」は、高血圧の治療の際に使われる降圧利尿剤と同様の効果があり、毛細血管を柔らかくします。

また、ドクダミに含まれる「カリウム」がナトリウムの働きを抑制して、動脈硬化や高血圧を予防するものと思われます。

糖尿病の予防
ドクダミに含まれる「クエルシトリン」や「イソクエルシトリ」などの有用成分の正常化作用によって、自然に血糖値を降下させることが確認されています。

これは、ドクダミが身体の新陳代謝を上げ、問題を改善しながら正常な状態へと導く薬理作用のおかげです。

糖尿病で怖いのは、高血圧や動脈硬化、手足の痛みやシビレなどの合併症ですが、これらの病気にもドクダミは効果的です。

ニキビやガンの予防

ニキビからガンまで有効な3つの成分

1.「デカノイルアセトアルデヒド」
ブドウ球菌や糸状菌、ウイルスや細菌に対して、菌の活動を抑制し、解毒作用や病気に対する抵抗力を上げるといわれています。

2.「クエルシトリン」

利尿、解毒、消腫、消炎、殺菌、止血、止咳などに有効で、ニキビにも有効であることも分かっています。

3.「クエルシトリン、イソクエルシトリン」

月経不順や女性に多い便秘、胃腸障害にも有効に作用してくれます。

ドクダミは、延命効果が抗ガン剤より上回るとの報告もあるほど効果が期待できる薬草です。

老化を予防
ドクダミは、心臓病や脳卒中、ガンなどの原因と言われる「活性酸素」の分解を促すという報告もあるので、これらの病気に効果的であると言えます。

ドクダミの成分であるフラボノイドは、「活性酸素」を取り除いて、過酸化脂質を抑制する働きをすることが分かっており、これによって老化の防止を促進するものと考えられます。

「アグリのしあわせ減糖茶」は、この他を含め全10種の成分を配合しています。

アグリのしあわせ減糖茶の口コミをご紹介します!

 「糖煎坊」の効果

「糖煎坊」の成分とその期待できる効果

「糖煎坊」に含まれる桑の葉は、糖尿病の予防やダイエットの効果が注目されています。

中国では桑の葉茶を「神仙茶」と名付け、古くは2世紀の薬草学の本にその効能が記されており、桑の葉を天日干ししたものを服用すれば、中風や利尿、風邪や百日咳などに効果があり、高血圧、滋養強壮にも有用であるとされてきました。

また、日本でも鎌倉時代には「喫茶養生記」という薬書に、桑がゆや桑湯を服用すると「(糖尿病の症状である)いくら水を飲んでも喉の乾く病気に効果がある」と記され、古くからその効能を実感し、健康効果があるとされてきました。

では、「桑の葉」の成分とその期待できる効果を見ていきましょう。

1.デオキシノジリマイシン

桑の葉の特有成分であるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)は、他の植物にも少量ながら含まれますが、どれも桑の葉の豊富な含有量にはかないません。

DNJは、糖質の吸収と糖類への分解を抑制します。
小腸で吸収を抑制されるため、食後の急激な血糖値の上昇が抑制されます。

小腸で吸収されなかった糖質は、そのまま大腸まで運ばれ、大腸内の細菌により分解されることによって大腸が刺激され便通の改善が起こります。

2.食物繊維

食物繊維は、「水溶性食物繊維」と、「不溶性食物繊維」とに分けられます。
「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」共に体内には吸収はされないですが、「水溶性食物繊維」は、水に溶けてゼリー状になります。

これにより、小腸内での栄養の吸収をゆるやかにし、食後の血糖値の急上昇を抑制する効果があります。

さらに、コレステロールに吸着して体外に排出してくれるので、血中のコレステロール値も抑えることができます。

また、ナトリウムを体外に排出する働きをしてくれるので、血圧の上昇を抑える効果もあります。

食物繊維は低カロリーなので、肥満の予防にもなるため、糖尿病、高血圧、動脈硬化、脂質異常症などの生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

水溶性食物繊維は、水分を吸収するため便の量が増加します。
すると、大腸が刺激されて順調な排便が望めます。

また、有害物質を吸着し便と一体となり排出されるため、腸の掃除をしてくれ大腸ガン予防にもなります。

さらに、食物繊維は大腸内で発酵し分解されて善玉菌の餌になるため、善玉菌が増加して腸内の環境が改善されるというわけです。

3.ビタミンB1

ビタミンB1は、主に炭水化物の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、筋肉疲労時に溜まる乳酸の燃焼にも関わってくるために疲労回復のビタミンとも言われます。
不足してくると、疲労や倦怠感、脚気などの症状が起きます。

ビタミンB1は、炭水化物などの栄養素の代謝を助ける働きがあります。
また、疲労物質である乳酸の代謝を助け、体内に乳酸がたまらないようにします。

ビタミンB1は、神経の機能を正常に保つために必要なビタミンです。
不足するとイライラしたり、うつ病、記憶力の低下や心臓病の原因にもなります。

4.ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンに分類されます。

ビタミンAの主要成分であるレチノールには、皮膚や目の粘膜を正常に保ったり、抵抗力を強化したり薄暗いところで視力を保つ働きがあります。

また、レチノールが上皮細胞で発癌物質の動きを抑制する働きがあると言われています。

5.鉄分

ミネラル成分である鉄分は、血液中の酸素運搬という大事な役目をしています。
また、酸素を筋肉中に蓄える働きもあります。

6.βカロテン(旧;カロチン)

βカロテンと色素の一種で、多くの植物の成分として存在する脂溶性色素です。
βカロテンは、体の中でビタミンAに変換され、皮膚や目の粘膜を正常に保ったり、免疫力強化、がん予防、老化予防などの重要な働きをする成分です。

ネット上にあった糖煎坊の口コミです。「少しでも糖の吸収を抑えたいので、食べる前に食物繊維をとろうと思うのですが、サラダだけじゃなかなか続かなくて…。」「桑の葉の成分100%に引かれ、味が気になるので試しに購入。」

 「菊芋の粉」の効果

「菊芋の粉」の成分とその期待できる効果

菊芋の粉の主成分は、菊芋に多く含まれる「イヌリン」です。
「イヌリン」は、「天然のインスリン」とも言われています。

その成分と期待できる効果を見てみましょう。

イヌリン

(画像;菊芋)

イヌリンとは、キク科の植物によって作られる多糖類の一種で、糖質の最小単位である単糖が多数結合したものです。

イヌリンは、胃の中での食べ物の滞留時間を伸ばしたり、腸内での善玉菌の餌となり食欲抑制ホルモンの分泌を促進するなどの効果があると言われています。

イヌリンの3つの効果

1.整腸効果
イヌリンは、ビフィズス菌などの腸内細菌の餌になってビフィズス菌を増殖させ、腸の運動を促し、便の量を増やすことなどが確認されています。

2.血糖値抑制効果
イヌリンは、食後の血糖値の急上昇を抑制する作用があると報告されています。
これは、イヌリンが小腸での糖の吸収を抑制する(※)ことや、ビフィズス菌などの腸内細菌の餌となり、その腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸が腸にあるホルモンを出す細胞を刺激することによってインスリンが作り出され、血糖値の上昇が抑えられると考えられます。

※イヌリンは、腸内で水分を吸収しゲル状となり、食べ物から摂った糖質の吸収を抑制する働きがあります。

中性脂肪を低下させる効果
イヌリンは、血液中の中性脂肪を抑制することが確認されています。

イヌリンが、食べ物の胃の中での滞留時間を伸ばすことや、ビフィズス菌などの腸内細菌の餌となって、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸が作用して食欲を抑えることや、食欲抑制ホルモンの分泌を促進することなど、これらすべての働きが全体的に作用して、血液中の中性脂肪を低下させると考えられています。

「菊芋の粉」の口コミってどうなの?買う前に見ておきたい口コミはこちら。

気になる血糖値を下げるために!

血糖値を下げる基本は食事療法と運動療法になります。
しかし、どちらも自己管理能力が必要ですよね。自分との闘いです。

  • ついつい甘いものに手がいってしまう
  • 食欲に負けてつまみ食いをしてしまう
  • ジュースを飲み過ぎてしまう
  • もともと運動が苦手

意思の弱い方には辛いことですね。続けて行くことは難しいことかもしれません。
ダメだと分かっていても、ついつい自分には甘くなってしまうものです。

そんな時に、気軽に飲めて血糖値を抑えてくれる健康茶があります。

↓毎日の食事と一緒に飲んで血糖値を下げる!

フォローする

コメントの入力は終了しました。